AH Kyushu 検索

カスタム検索

3/30/2019

九州メディカルアイランド構想

九州メディカルアイランド、シリコンアイランド、カーアイランドです。

バイオテクノロジー、ホームシアター、九州新幹線がシンボルです!

九州・沖縄知事会をつくったら、どうですか? 九州経団連会長は麻生でしょ? 笑い

JR九州、九州電力はカナメです。


駅弁はかしわ飯。

長浜ラーメン、博多うどん、呼子のイカ、宮崎地鶏、鹿児島の黒豚、佐賀牛、熊本の馬刺し、長崎ちゃんぽん、別府の地獄めぐり、、、

九州の海鮮料理って、何だろうか?

東京は江戸前寿司。関西はオオサカ寿司。




医療機器メイカーと製薬メイカーを誘致して、医食同源と健康体操を立州の根本とする。

医食同源を実現する農林漁業は九州の根本です。

カーアイランド、シリコンアイランドは機械メイカーです。機械メイカーを基礎にした医療メイカーを開発する。


いわゆる健康産業です。健康産業は観光産業にもつながる。

美味しいモノを食べて、美しい景色を眺めて、温泉に入る・・・

健康体操は自然体です。自然体は無理や無駄がない・・・


国連統治です。国連が主導して、各自の自己責任です。

欲望と言う名の電車を書けばよい。

三大宝は食欲、性欲、睡眠欲です。名誉欲と財産欲もあるが・・・

責任不在が無いことを意味します。プロビデンスの王国の責任不在を無くさなければ、世界は混乱します。

メイカーの関係者は生態系と経済系の要件を満足する持続可能な開発をする自己責任がある。管理(士)と生産(農工)と分配(商)です。


九工大

ロボット工学と生命工学が二大テーマです。

機械と生物の共生を模索する!

九工大の女子大生は製薬をやりたい。


バイオテクノロジー => メディカルアイランド
ホームシアター => シリコンアイランド
医食同源と健康体操 -> 健康ランド

カジノは時代遅れです。賭博は時代遅れです。
娯楽の殿堂は健康ランドです。医食同源と健康体操です。
ビジネスの疲れを食事と温泉と健康体操で癒す。
健康体操の例は歌って踊る。




国連 > FAO、WHO > 農水省、厚労省、経産省 > 食品会社、製薬会社など

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
一般社員の平均年収が26万3237ドル(約2900万円)の企業も⇒高給取り目指すならバイオテク企業、平社員も富裕層?
#バイオテクノロジー



ホームシアターですね・・・ 飲食しながら芝居を楽しむ。

国連 > WEF > 総務省、環境省、国交省、農水省、経産省 > 農工商組合

WIRED
高音質になったNetflix、高級オーディオの設置された環境で実際に試してみたところ、その違いは明らかだったという。『WIRED』US版によるレポート。




イザナミ、イザナギ、アメノオシホミミの三神が九州の霊山、英彦山に祀られている。祖父母のイザナミとイザナギが副神、ミミノミコトが主神です。釈迦、弥陀、観音も祭られている。神仏習合の三神三仏の霊山、英彦山は山伏の修験場でもある。本殿は国宝です。



あめ、あられは水神です。水神も神さまです。

あめの恵みで、つちが生き返る。あめつちとは天地のことです。

ガイアは大地の女神です。ポセイドンは海の神です。


ドラゴン界は自然信仰です。太陽と地球と月からなる系です。

カミナリも龍神ですが、虹も龍神です。地震も龍神の仕業です。

龍神の元祖は中国です。日本でも龍神を祀っている神社は多い。

七福神も中国やインドの神さまです。

日本は和の国なので外国の神さまも排斥しない。


詳しくは知りませんが、日本神話です。

元祖は、アマテラス、スサノオ、ツクヨムです。

祖父母がイザナミとイザナギです。

天孫がニニギです。宮崎の高千穂に降臨した。

アマテラスとオシホノミミの子なのかな?

九州の霊山・英彦山に神さまが祀ってある。


アメノオシホノミミノミコトの系統が伊勢神宮です。天皇家の本社です。内宮にはアマテラスが祀ってある。天つ神です。

アメノオシホノヒノミコトの系統が出雲大佐です。スサノオが祀ってあるはずです。国つ神です。

神話なので、正確ではありません。



福岡県庁
九州地方知事会と九州の経済4団体で構成する「九州地
域戦略会議」では、『九州ロゴマーク』を活用し、観光PRや農林水産物の輸出など、九州が連携する姿を分かりやすく国内外にPRしています!
今後も『九州ロゴマーク』を活用し九州のブランド力向上を目指します!



第一次産業
第一次産業では、農業、漁業、林業 がバランスよく九州各県に広く分布しており、出荷額も多い。温暖な気候を利用して筑紫平野では米、オオムギ、小麦の二毛作が展開される。宮崎平野ではビニールハウスを利用した野菜の促成栽培が行われている。加えて熱帯・亜熱帯地域が原産のサツマイモ、マンゴー、ブンタン、バナナなどの生産も行われている。鹿児島県、宮崎県はシラス台地の土壌であることから稲作には不向きであり畜産が盛んである。

第二次産業
第二次産業では、北九州工業地帯を中心に、歴史的に鉄鋼、石炭などの素材産業やエネルギー産業が盛んであった。また、三菱重工業や佐世保重工業(長崎県)などの造船業に代表される重工業も盛んであるほか、久留米市ではブリヂストンといったゴム工業、大牟田市は三池炭鉱の石炭を中心とした化学工業、延岡市では旭化成が石油化学を中心とした化学工業が発展してきた。また、近年、IT産業の進出により、半導体分野での世界シェアは1割を占めるまでになっており、「シリコンアイランド」と呼ばれている。さらに最近では、トヨタ自動車・日産自動車・ダイハツ工業・ホンダなど自動車メーカーの工場の立地が進み、濃尾地方に次ぐ国内の自動車製造拠点となり、先に「シリコンアイランド」と呼ばれていた経緯から「カーアイランド」と呼ばれるようになっている(台数ベース世界シェアは1.9%)。

唐津焼・有田焼・伊万里焼などに代表される窯業が伝統的に伝わっていることから窯業も盛んである。北九州市に本社を置くTOTOはトイレ等衛生機器のトップ企業である。

第三次産業
九州の産業生産額に占める第三次産業の割合が高く、九州全域を市場として発展している。

卸売業は福岡県を中心に活発である。

金融の分野では、都市銀行の店舗は少なく、各県に地方銀行の本店があり、地域に根ざした営業網を展開している。また、不良債権を抱え、経営困難に陥った地方銀行の救済を目的に、資金力のある地銀による吸収合併が進んでおり、九州管内での業界再編が行われている。ふくおかフィナンシャルグループは親和銀行や熊本ファミリー銀行を傘下に入れ、西日本シティ銀行は長崎銀行を傘下に入れた。また山口県に地盤がある山口フィナンシャルグループ傘下の山口銀行が北九州地方に攻勢をかけており、2011年(平成23年)10月には北九州銀行が山口銀行の北九州地区部門から分割・設立するなど北九州地方の動きが活発である。

情報通信業では、ITソフトウェア関連のサービス業が伸びており[要出典]、その多くが福岡市内に集積している。


域内総生産[19]
平成19年度の九州の域内総生産は48兆6825億円である[20]。これはG20参加国のサウジアラビアやアルゼンチンよりも大きく、世界で25位以内の「国」に相当する経済規模を有している[21]。
都道府県
福岡県 18兆840億円
佐賀県 2兆935億円
長崎県 4兆379億円
熊本県 5兆708億円
大分県 4兆473億円
宮崎県 3兆560億円
鹿児島県5兆357億円
政令指定都市
福岡市7兆197億円、北九州市 3兆523億円、熊本市 2兆1507億円